トミー ルパン 黄金強奪作戦(その2)

2007.11.19 Monday

0
    前回に引き続きトミーのFLゲーム「ルパン 黄金強奪作戦」を紹介します。ゲーム内容については大体昨日紹介したので、今日は商品の顔とも言えるパッケージについて書きます。

    トミー ルパン 黄金強奪作戦(その2)-1

    まず正面には夜のビル街をバックに主役のルパンが迫力のあるタッチで描かれています。さすがは世界一の大泥棒、こちらを見つめる眼ヂカラはなかなかのものです。しかもどの角度から見てもルパンと目が合ってしまうように描かれているので、店頭でこのイラストを見た子供達は思わず引き寄せられて手にとってしまったかもしれませんね。
    これは巧みに仕掛けられたトミーの罠です。

    トミー ルパン 黄金強奪作戦(その2)-2

    そしてパッケージのいたるところには「ルパンよ、ゴーストをかわし、素早い動きで金庫を破れ!!」というメッセージが書かれています。おそらく子供達はこれを見てルパンになりきり華麗に金庫を破る姿を思い描いたことでしょう。

    しかし、これも罠です。

    実際にはFLゲームなのでかなりカクカクした動きで金庫を破ります。しかも最終的に金庫は勝手に開いてしまうのです。

    トミー ルパン 黄金強奪作戦(その2)-3

    今回紹介した商品
    トミー ルパン 黄金強奪作戦
    http://frog-port.com/?pid=4740654

    トミー ルパン 黄金強奪作戦(その1)

    2007.11.18 Sunday

    0
      トミーのFLゲーム「ルパン 黄金強奪作戦」を紹介します。
      発売は確か80年代初頭だったはずです。FLゲームがまだまだ人気あった時代ですね。
      電子ゲーム界(?)のポジションとしては中堅どころといった感じですか。
      怪盗ルパンとなり、3つの部屋をクリアして黄金を盗み出す(強奪?)するというゲームです。

      トミー ルパン 黄金強奪作戦(その1)-1

      まずは迷路のようになった部屋で3つの鍵を拾って左下のゴールを目指します。敵のゴーストが追いかけて来ますがピストルで撃つと動きが止まるのでその隙にチャチャッと仕事を済ませましょう。

      2つ目の部屋はシューティングです。左端からゴーストがどんどん襲ってくるので右端に着くまでにこれまたピストルで撃退します。この部屋ではルパンは上下にしか動けませんがゴーストを32匹倒せばステージクリアになり、左端の扉から次の部屋に進むことができます。

      トミー ルパン 黄金強奪作戦(その1)-3

      最後は1つ目と同様に迷路のように仕切られているの部屋でゴーストの追撃をかわしつつ落ちている鍵を拾っていきます。1つ目の部屋に比べると部屋の構造が少し複雑になっているのと鍵の数が増えていることがポイントです。何のためにこんなに大量の鍵が落ちているのかよく分かりませんがあまり気にせず粛々と任務を遂行しましょう。鍵を全部集めたらいつもの左下の扉へ。

      そして遂に最大の敵、キングゴーストを倒して金庫を破るぞ!!っと思ったら自動的にボスを倒して金庫も開いちゃいました。
      何だこのあっけなさは、、、。

      トミー ルパン 黄金強奪作戦(その1)-2

      あまりにも簡単に黄金が強奪できてしまうので逆にゴーストさん達に申し訳ないぐらいです。まあ理不尽な死に方をしないのでストレス無く遊べるのは良いのですが、正直、ゲーム難易度はかなりぬる目です。
      物足りなく感じる方は「ピストルを使用せずにクリアを目指す」などオリジナルのルールで遊びましょう。

      今回紹介した商品
      トミー ルパン 黄金強奪作戦
      http://frog-port.com/?pid=4740654

      大阪 deltatune

      2007.11.17 Saturday

      0
        大阪は北堀江にある「deltatune」というお店の紹介を紹介します。
        80・90’sテイスト溢れる雑貨やニューウーブな古着などを取り扱うお店として去年の12月にオープンしました。店内にはゲームグッズの他にもハンドメイドのアクセサリーなどかわいい雑貨もたくさんあるので女性のお客さんも結構多いとか。
        遅くまで営業しているのも何気にありがたいです。

        大阪 deltatune-1

        また「deltatune」では店内スペースを利用した「お笑いのインストアライブ」や「ファミコン大会」など、大阪ならではの面白いイベントも定期的に開催されています。
        ちょうど明日11月18日には月に一度のフリーイベント『[村越周司]フリーライブ怒涛のギャグ10連発!VOL.5』が行われます。
        普段はなかなか見られないあの伝説のギャグ芸人を間近で見ることが出来ますよ。もちろん無料で。大阪界隈へお出かけ予定のある方は是非覗いてみてはいかがでしょうか。時間は13時からです。

        大阪 deltatune-2

        店長、次は12月のファミコン大会ですね!!

        大阪 deltatune-3

         「delatune」

        大阪市西区北堀江1丁目11−9 MTSビル1F
        最寄り駅:地下鉄四ツ橋線「四ツ橋駅」6番出口
        定休日:毎週水曜日
        営業時間:13時〜22時
        URL:http://www.deltatune.com/guidance/map.htm

        ゲームウォッチ マイクロVS ドンキーコング3

        2007.11.16 Friday

        0
          2人対戦できるゲームウォッチ、マイクロVSシリーズの「ドンキーコング3」です。
          日本での発売もあったようですが、この辺りのシリーズを当時買った人はかなり少ないのではないでしょうか。

          ゲームウォッチ マイクロVS ドンキーコング3-1

          登場するのはドンキーコング3の専属キャラクターであるスタンリー君とドンキーコング。一人用ではスタンリー君を使用します。
          ゲーム内容はFC版ドンキーコング3をアレンジした感じになっています。両端に分かれたプレイヤーは飛んでいる2匹の虫(ハチ)を殺虫剤を使って相手サイドに押しやります。
          殺虫剤は1度に3回までしか吹けないので、無くなると振り返って補充しなければなりません。この補充する間のロスタイムにいかに相手側に虫を追いやるかが勝敗を分けるポイントになります。

          殺虫剤吹きまくった挙句に殺虫剤ぐらいでは死なないハチに刺されるというかなり体を張ったゲームですね。命がけです。

          ゲームウォッチ マイクロVS ドンキーコング3-2

          ゲーム本体の見た目のかっこよさは抜群なのですが、肝心のゲーム内容が若干単調なのが残念です。
          せっかく対戦できるゲームなのでプラスαのアクションがあればもっと面白くなったと思うのですが、、。少々ネタ切れ気味だったのでしょうか。

          ゲームウォッチ マイクロVS ドンキーコング3-3

          今回紹介した商品
          ゲームウォッチ マイクロVS ドンキーコング3
          http://frog-port.com/?pid=4740162

          パナペット70

          2007.11.15 Thursday

          0
            今日は私物の紹介です。
            以前このブログで紹介した西荻窪のSUTEKIさんで購入した「パナペット70」。
            1970年にナショナルから発売されたラジオです。

            パナペット71

            愛嬌のあるデザインも気に入っているのですが、ラジオとしてももちろん活用しています。
            平日のお昼間にベタなAMラジオを聞きながら仕事をするのもなかなオツなものです。

            パナペット70-2

            1970年といえば万博が開催された年。この頃はこういった近未来的なデザインの家電や家具などが多く作られ、今でも世界中の多くのファンに愛されています。その時代にしかつくれない音楽やデザインっていうのは長い年月を経ても色あせない魅力があるのですね。

            それにしても30年以上経っても問題なく使えるのはさすが「MADE IN JAPAN」のなせる業です。

            パナペット70-3

            今回紹介した商品は私物なので販売はしておりません