ファミコンソフト消しゴム

2007.11.07 Wednesday

0
    今日はゲーム関連の雑貨を紹介します。「ファミコンソフト消しゴム」です。
    その名の通りファミコンソフトのミニチュア消しゴムがセットになった昭和の香りが漂う魅惑のアイテムです。

    ファミコンソフト消しゴム-1

    入っているのは「ちゃっくんぽっぷ」「チャンピオンシップロードランナー」「ゼビウス」「忍者くん」の4種類。見た目は少しパチモンくさいのですが、台紙に各メーカーのクレジットが入っているのでちゃんとライセンスを受た正規品のようです。
    しかし、何故か肝心の製造会社名がどこにも書かれていません。きっと控えめな会社だったのでしょうね。
    それとも、まさか各メーカーのクレジットは書いてあるけど実は勝手に作っちゃった?そんな大胆な、、、。

    ファミコンソフト消しゴム-2

    そういえば昔は色んな消しゴムがありました。今ではプレミアがついている「キン消し」とか「スーパーカー消しゴム」とか。「ゲームウォッチ消しゴム」っていうのもありましたね。あれは確かパチモンでした。
    あと文房具の消しゴムでもアーモンドチョコの形のものとかカレーの匂いのする消しゴムとかありましたよね。今の小学生はああいったのは使っていないのでしょうか。
    まあ、いい匂いのする消しゴムは大抵、字は全然消せなかったので使わない方がいいかも。

    ファミコンソフト消しゴム-3

    今回紹介した商品
    ファミコンソフト消しゴム
    http://frog-port.com/?pid=5277808

    パックマン LCDゲーム

    2007.11.05 Monday

    0
      パックマンのLCDゲームを紹介します。
      メーカー名が書かれていませんがおそらくTANDYかMGAのものでNAMCOからライセンス受けて海外で販売されていたものです。イラストを見る限りでは90年代のものと思われます。

      パックマン LCDゲーム-1

      内容はパックマンなのであえて説明する必要は無いですね。移動にはボタンではなくジョイスティックを使います。
      気を付けなければならない点は1つのステージが6分割で表示されているということです。隣接したエリアに移動すると画面が変わるのですが、ステージ全体が見えないので隣に移ったとたんにゴーストと鉢合わせすることもしばしば。一瞬ドキッとします。

      パックマン LCDゲーム-2

      このゲームにはレベルの設定やPAUSEなどちょっとした便利機能があれこれ付いているのですが、中でも電源のON/OFFができるのは電池をいちいち取り出さなくても良いのでとても便利です。LCDで付いているのは珍しいですよね。

      パックマン LCDゲーム-3

      今回紹介した商品
      パックマン LCDゲーム
      http://frog-port.com/?pid=4924024

      ゲームウォッチ ブラックジャック

      2007.11.04 Sunday

      0
        ゲームウォッチの「ブラックジャック」を紹介します。
        2画面で遊べるマルチスクリーンシリーズ。
        アクションゲームの多いラインナップの中で、カードゲームのしかも日本ではそれほど馴染みの無い「ブラックジャック」は一際異彩を放つ存在です。
        大人を意識した落ち着きのあるエンジ色の本体もちょっと地味ではありますが高級感があっていいんじゃないでしょうか。まさに大人のためのゲームウォチッチです。

        ゲームウォッチ ブラックジャック-1

        まずはルールと基本的な操作方法を簡単に説明しておきましょう。
        始めに2枚カードが配られます。そこから最高5枚まで増やし、カードに書かれている数字の合計を競います。最も高い合計数は21で、それをを越えてしまうと自動的に負けになります。1枚ごとにHIT(1枚追加)するかどうかを決め、STANDボタンで追加をやめて勝負になります。他に、最初の2枚が配られた時点で掛け金を倍にし1枚だけ追加カードを引く「ダブルダウン」という選択肢もあります。
        ブラックジャックというと一見、運任せの要素が多いように思えますがですが実は緻密な戦略によって勝敗が左右する奥の深いゲームなのだそうです。

        ゲームウォッチ ブラックジャック-2

        GAME-Bに用意されているのはルーレットゲームです。5つ並んだ数字をいわゆる目押しで揃えていくというものです。おそらくカジノを意識して作られているのだと思われますが、いかにも取って付けたような感じがちょっと残念です。

        ゲームウォッチ ブラックジャック-3

        今回紹介した商品
        ゲームウォッチ ブラックジャック
        http://frog-port.com/?pid=4883153

        ゲームウォッチ ミニクラシックス 数独

        2007.11.03 Saturday

        0
          すっかりお馴染み?のNintendoミニクラシックスシリーズの「数独」を紹介します。
          こちらもオリジナルのゲームウォッチにはなかったゲームで、目にするようになったのも最近になってからのような気がします。

          ゲームウォッチ ミニクラシックス 数独-1

          中身は「数独」なので詳しいルールなどはここで下手な説明をするよりは、分かりやすく解説されているページを参照される方が良いかと思います。通常1ブロックに9つの数字を入れていくのですがこのゲームの場合は6つになっています。制限時間は15分で「消音」「PAUSE」機能も付いています。
          ただ、惜しむならば「ヒント」の非表示機能も付け欲しかった。常に表示してあると難易度が下がるのでちょっと物足りなく感じる人もいるかも知れません。

          ゲームウォッチ ミニクラシックス 数独-2

          元々、「数独」自体がよく出来たゲームなので、ちょっとした暇つぶしアイテムとしてはもってこいです。毎回違うパターンで出題されるので飽きることなく長く遊べるのもこの手のゲームの特徴です。そして何より本体に描かれたNintendoマークに心惹かれますよね。

          ゲームウォッチ ミニクラシックス 数独-3

          今回紹介した商品
          ゲームウォッチ ミニクラシックス 数独
          http://frog-port.com/?pid=4740155

          TANDY エイリアンチェイス

          2007.11.02 Friday

          0
            TANDYのFLゲーム、「エイリアンチェイス」を紹介します。
            元々はトミーが1984年に製造したもので、海外ではTANDY社がライセンスを受けて販売していました。ゲーム自体はメーカーの記載等以外はまったく同じものです。TANDY社は他にも日本メーカーのゲームを海外でライセンス販売していました。

            TANDY エイリアンチェイス-1

            ジョイスティックを使って宇宙空間に浮かぶエイリアンを捕獲するゲームです。
            本体はやや大きめサイズで、向かい合って2人対戦プレイが可能です。
            FL(蛍光管)を使用したゲーム画面はこの種のゲームの中でもトップクラスの美しさだと言えるでしょう。また本体に描かれているイラストも子供向けの割にはゴチャゴチャした感じがなく全体的にスマートにまとまった印象を受けます。

            TANDY エイリアンチェイス-2

            このゲームは先程も説明したとおり元々トミーが製造したもので、もちろん日本でも販売していたのですが何となく日本のゲームっぽく無い雰囲気がします。
            1984年頃といえば日本ではLSIゲームからTVゲームへと移行していた時期なので、もしかしたら日本よりもまだまだLSIゲームの人気があった海外の市場を意識して作られた商品なのかもしれませんね。

            TANDY エイリアンチェイス-3

            今回紹介した商品
            TANDY エイリアンチェイス
            http://frog-port.com/?pid=4924026